太りにくい炭水化物を選びましょう!

太りにくい炭水化物って何?

太りにくい炭水化物は、GI値(グリセミック・インデックス)という指標で判別できます。

GI値とは、食事をした時の体内における、血糖値の上昇スピードを数値化したもので、上昇スピードが速ければインシュリンが過剰分泌されるため肥満になりやすく、血糖値の上昇スピードが遅ければ、インシュリンの分泌も緩やかになりますので、肥満にならずに適正に処理されるのです。

脂肪や糖の吸収を抑えるサプリはコレ>>

GI値とは血糖値の上昇スピードを数値化した指標です。
GI値が高い食品=太りやすく
GI値が低い食品=太りにくい

メタボまんが

主食でGI値が高い食品

・白米

・白パン

・白い小麦粉

精製された食品はGI値が高いです。

綱渡り

主食でGI値が低い食品

・玄米

・黒パン

・全粒粉

主食をGI値の低い食品に変更するだけで、食生活を改善できることと思います。

マッチョメタボ画像

結論として、太りにくい炭水化物は、米やパンの主食で言えば、精製されていない素材そのままに近い食品という事になります。

食べ順を気にしよう!

食べる順番を変えるだけで、食生活による肥満の改善できることができます。前述したGI値とも関係するのですが、食べる順番を気にするだけで食べた時の血糖値の上昇スピードをコントロールできるのです。

はじめに、汁物や野菜から食べる理由として水分が多い汁物は、満腹感を得やすいのと、野菜、サラダなどを先に食べることで血糖値の上昇スピードを抑えることができますよ!

炭水化物を最後に食べるのは、空腹で炭水化物を食べると血糖値が急上昇してしまうので、最後に食べることで、血糖値が緩やかに上昇しますので肥満になりにくい食生活になります。

【食べる順番】
1、汁物、野菜、サラダ

2、たんぱく質

3、炭水化物

上記の順番で食べる習慣を身に着けることにで、血糖値の急上昇を抑え肥満の原因となるインシュリンの過剰分泌を防ぐことができるのでおすすめです。

たんぱく質

あなたにおすすめの糖質抑制サプリメンント

前述したように、炭水化物(糖質)の選び方や食べ順などで肥満の改善にお役立ていただけたらと思います。

食べ過ぎな画像

とは、言っても忙しい方や外食が多い方や夜のお付き合いなどで、すぐには、改善するのが難しいのが現状ですよね。

そこで、あなたに紹介したいのは、ベジファスです!
ベジファスは、食事の脂肪や糖の吸収を抑え、食後の中性脂肪や血糖値の急激な上昇を抑えます。普段の食事を楽しみながら糖質・脂肪を抑えたい方におすすめです。

忙しい方や外食が多い方でも食前にゼリー状の食品を食べるだけで、脂肪や糖の吸収を抑えてくれるので簡単に始められますよ!

階段

ベジファスは機能性表示食品ですの安心して取り組めますよ!
※機能性表示食品は、機能性を表示できる食品として消費者庁に承認された食品のことです。

手軽に取り組めるので男性にも人気の機能性表示食品です。

↓↓↓↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓↓↓↓
 


 

「ベジファス」で無理な食事制限とサヨナラ!

中性脂肪を下げる秘密はここにあった!>>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ