ダイエットする前に体脂肪が増えるメカニズムを知っておきましょう!

あなたの体脂肪はなぜ増えるのか?

あなたがダイエットして、体脂肪を減らして中性脂肪を下げたいと思っていらしゃるなら、「体脂肪が増える」メカニズムを理解してから、ダイエットを実施することをおすすめします。「体脂肪が増える」メカニズム知らずに、闇雲に無理な食事制限など間違ったダイエットをしても時間のムダですめば良いのですが、体調を崩し病気になったり、リバウンドして余計に痩せにくい身体になってしまう可能性が高いのでおすすめしません。

パスタ食い過ぎ

「体脂肪が増える」メカニズムとは?

 炭水化物が体脂肪になる

お米、パン、麺類、砂糖、野菜などの主食を含むこれらの食品はすべて「炭水化物」なのです。炭水化物は、通常、体温の調整や内蔵や筋肉、脳のエネルギー源として必要な栄養源です。
しかし、私達が食事から過剰に炭水化物を摂取すると胃の中で細分化されて「糖質」に変化します。その「糖質」が血管から血液中に運び込まれます。

FAT画像
この血液中の糖質を測定したものが、おなじみの「血糖値」といいます。血液中に取りこまれた糖質は、すい臓から分泌されたインシュリンにより肝臓や筋肉に運び込まれます。
肝臓や筋肉に運び込まれた糖質は、体温の調整や内蔵や筋肉、脳のエネルギーとして消費されます。

炭水化物を摂取した時の通常の消費

・炭水化物を食べる。

・血糖値が上がる。

・肝臓や筋肉に運び込まれる。

・体温調整、内蔵、脳、筋肉の活動エネルギーになる。

しかし、エネルギーとして使われない余分な「糖質」は、体脂肪として蓄積されます。

これが、炭水化物が脂肪になるメカニズムです。

ドーナツ食べ過ぎ画像
あなたが、現在、中性脂肪値が高いのであれば、每日の食事から「炭水化物」を少なめにしてみることから始めてみましょう!

あなたは炭水物依存症?

あなたは、炭水化物依存症って知ってますか?

通常、私たちは食事から摂取した炭水化物は、最適量の「中性脂肪」に変換されて体内の機能に役立っているわけですが、中性脂肪値が高いのであれば、炭水化物の過剰摂取の疑いあるのと同時に、「炭水化物依存症」陥っていませんか?

「炭水化物依存症」は、
・いくら食べても満腹感を感じない。
・每日、疲れ気味で疲労が抜けない。
・精神的に落ち込みやすい。
・普段からイライラしやすい。

他にも症状もあるようですが、炭水化物の過剰摂取は肥満による「中性脂肪が高くなる」だけでなく、肥満を加速させる原因や疲労や精神的に安定しないため、日常生活や仕事に支障をきたす事になるので要注意です。

特に普段から、何気なく飲んでるジュースやコーヒーも気をつけましょう!

・コカコーラ500ml 角砂糖約14個分

・ポカリスエット500ml 角砂糖約8個分

・缶コーヒー190ml角砂糖約3個分

角砂糖に換算すると恐ろしい量ですよね。

機能性表示食品を活用して糖の吸収を抑えよう!!

前述したように、炭水化物(糖質)の過剰摂取が原因により体脂肪が増えてしまうことがご理解いただけたかと思います。
とは、言っても忙しい方や外食が多い方や夜のお付き合いなどで、すぐには、改善するのが難しいのが現状ですよね。

そこで、あなたに紹介したいのは、ベジファスです!
ベジファスは、食事の脂肪や糖の吸収を抑え、食後の中性脂肪や血糖値の急激な上昇を抑えます。普段の食事を楽しみながら糖質・脂肪を抑えたい方におすすめです。

忙しい方や外食が多い方でも食前にゼリー状の食品を食べるだけで、脂肪や糖の吸収を抑えてくれるので簡単に始められますよ!

ベジファスは機能性表示食品ですの安心して取り組めますよ!
※機能性表示食品は、機能性を表示できる食品として消費者庁に承認された食品のことです。

手軽に取り組めるので男性にも人気の機能性表示食品です。

↓↓↓↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓↓↓↓
 



 

「ベジファス」で無理な食事制限とサヨナラ!
次ページへ続く
太らないお酒との上手な付き合い方>>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ