筋肉トレで効率よく中性脂肪を下げるカギはインターバルとたんぱく質!

筋トレを行うインターバルは?

前述したように筋トレを行うと破壊された筋繊維は、修復するのに24時間~48時間かけて回復し修復されます。
休息の間に筋肉の総量 がトレーニング前よりも増加することを超回復といいます。

筋トレは、破壊された筋繊維が修復され超回復したタイミングで行うのがベストです。

筋トレ赤

初めての方はトレーニング強度にもよりますが、回復する速度が遅いので週に2回を目安に筋トレを行うことをおすすめします。

ここでのポイントは、筋肉が超回復する前に筋トレを行っても効率よく筋肉が発達しないのです。

「超回復」する周期を見定めて、筋トレを行うのがベストです。

究極の筋トレプログラムはこちら!>>

たんぱく質を上手に摂取しよう!

筋トレとは、前述したように破壊された筋繊維が修復する時に筋肉が強化され発達します。

その時に必要になる栄養素が「たんぱく質」です。

「たんぱく質」が筋繊維が修復する時に必要不可欠なのです。

一般的に1日に必要なたんぱく質は、体重1kgあたり1gと言われています。

つまり、体重60kgの人は1日60gのたんぱく質が必要とされています。しかし、筋トレを行っている方は、1日に必要なたんぱく質は、体重1kgあたり1.2g~1.4gと言われています。

体重60kgの人は1日72g~84gのたんぱく質が必要となります。積極的に普段の食事から摂取することをおすすめします。また、筋トレの前後にたんぱく質を摂取することで、トレーニング後すぐに筋繊維を効率よく修復することができるのでおすすめです。

筋トレとたんぱく質の重要性をご理解いただけたかと思います。普段の食事で意識的にタンパク質を食べることをおすすめします。

しかし、1日の摂取量を1回の食事でたんぱく質を食べても吸収されませんのでご注意下さい。

筋トレの期間中はトレーニング前後はもちろん、3~4時間ごとにこまめに等分して摂取するのが効率よく摂取するコツなのです。

筋トレ食事

そこで手軽にいつでもどこでも摂取できるHMBサプリを利用することをおすすめします。

「HMB」は、筋肉アップに欠かせないタンパク質の一種です。

今までは、たんぱく質の補助食品はプロテインが主流でした。現在は、サプリメント先進国アメリカではプロテインよりも効率よく筋肉増強できるので「HMB」が主流になっております。

プロテインより、HMBの方が効率が良い理由として、消化吸収過程においてプロテイン⇒ロイシン⇒HMBの順に消化吸収されるのですが、プロテインは消化に時間がかかるのに比べ、HMBはダイレクトに吸収されるます。

効率よく筋肉強化できるサプリメントとして、「HMB」おすすめです。

しかも、プロテイン20杯分に対して「HMB」10粒で筋力アップ効果がおなじですので「HMB」の方がはるかに効率がいいのです。

今回、ご紹介するHMBサプリは、芸能人のGACKTも自身の肉体改造に活用しているサプリです。

是非、筋トレと合わせてお試しになって下さい。

詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

メタルマッスルHMB

メタルマッスルHMBでメタルのようなモテBODYへ

究極の筋トレプログラムはこちら!>>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ