中性脂肪が高い方におすすめ遺伝子検査であなたにあった改善法が最短でみつかりますよ!

あなたは、健康診断や医師の診察で中性脂肪が高いと指摘され、自分なりダイエットして食事内容を変えてみたり、運動をしてみたりと改善を測ってきたが、納得の行く結果が得られなかったり、やり方を間違えてさらに悪化させた経験がありませんか?しかし、十羽一絡げに出来ないのが人間なのです。人それぞれ体質や遺伝子に違いがあるからなのです。中性脂肪が高い方といっても、体型も一見して、肥満タイプの方や隠れ肥満タイプの方、人それぞれ体質に違いがありますよね。

メタボ

中性脂肪が高い方で、共通して言えることは、肥満になるような食生活を長年続けてきた結果なのです。このページは中性脂肪が高いあなたへ遺伝子検査であなた自身の肥満遺伝子タイプを知ることで、最善のダイエット方法を取り入れ、劇的に中性脂肪を改善できることをお伝えしています。

あなたにおすすめの遺伝子検査キットはこちら>>

肥満遺伝子は人それぞれ違う

冒頭でもお伝えしましたが、あなたが、今まで行ってきた中性脂肪の改善対策で納得できる効果が得られなかったと言うのは、そもそも、あなたに合わないやり方で改善を測ってきたか、本当にこのやり方でいいのかと疑心暗鬼のまま取り組み、途中で挫折してしまったのではないでしょうか?

肥満

しかし、肥満遺伝子が明確になれば、自身を持ってダイエットに取り組めるのではないでしょうか?

肥満遺伝子とは、
読んで字のごとく、肥満に関係する遺伝子で変異している遺伝子によって太る原因がそれぞれ違ってくるのです。肥満遺伝子のタイプは大きく3タイプに分類されます。

・リンゴ型肥満タイプ
男性で1番、女性で2番めに多いタイプで糖質の代謝が苦手です。リンゴ型肥満と言われ内臓脂肪やウエスト周りから太りだすのが特徴です。
・洋なし型肥満タイプ
女性で1番、男性で2番めに多いタイプで脂質の代謝が苦手です。洋なし型肥満と言われ下半身特にヒップや太ももから太りだすのが特徴です。
・バナナ型肥満タイプ
男女共に3番目と最も少ないタイプで筋肉がつきにくい傾向にあります。バナナ型などと呼ばれ一度太ると痩せにくいのが特徴です。

メタボマッチョ

あなたにおすすめの遺伝子検査キットはこちら>>

肥満遺伝子タイプに共通している問題点

それぞれの肥満遺伝子タイプの特徴がわかったところで、現代人における食生活に関する問題点があります。それは、炭水化物(糖質)に偏りがちな食生活です。リンゴ型の方は特にですが、他のタイプの方も含めて注意が必要です。
外食やスーパー、コンビ二などで買い物していれば、気が付かれると思いますが、炭水化物に偏った食生活をしていませんか?

食い過ぎ

現代人は、気が付かない内に炭水化物(糖質)まみれの食生活を送ってしまっているのです。中性脂肪は肝臓で糖質を材料に生成されます!

カーボカット

中性脂肪が高いあなたは、炭水化物に偏った食生活であることが明白ですので、炭水化物(糖質)の食べ過ぎに注意しましょう!

遺伝子検査キット

今回、あなたに推奨する遺伝子キットは、FiNC遺伝子検査です。
検査は簡単、唾液を採取し、返信用封筒へ入れて投函するだけです。

遺伝子検査キットの中でも最安値の4,410円(税込)で購入できますよ!

肥満遺伝子の他にも、肌質、酒酔いやすさ、睡眠、健康診断関連の5項目24遺伝子について知る事ができます。

特に健康診断関連は、中性脂肪やその他コレステロールや血圧やメタボが気になる方にもおすすめです。

↓↓↓FiNC遺伝子検査公式サイトはこちら↓↓↓




生活習慣の改善前にあなたの体質を知る【FiNC遺伝子検査】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ